Mac関連

2013年7月 2日 (火)

InDesignについて深く知るためにAdobeさんに行って参りました

スクリーンショット 2013-07-02 14.28.27


みんな、月刊ミニヨン技術、読んでくれていますか? ワンダードライビング社長ののまさんが、社運をかけて作っているKindle向け電子書籍です。やっとvol. 2が完成しました。

僕は、撮影とかのまさんの取材原稿の整理、テープ起こし、そしてInDesignによるレイアウト作業を担当しております。

でもですね、InDesignをそれほど使ったことがない上に、紙とKindleのフォーマットではえらい違いがありまして。ミニヨン技術のvol .1の読者の反応の多くは「レイアウトひどい」でした……。すいません、僕の力量不足です。

そんなこんなで途方にくれていたとき、AdobeさんがInDesignの勉強会を開催してくれるということで、行って参りました。講師は、イワモトブログの岩本さんです。本気です。

実は、話にのめり込み過ぎて、メモも撮らず写真も撮らず、本当に学校の生徒のように話を聞いていたんです。すいません。勉強会の様子は他の参加者のブログをご覧ください。


●いしたにさん(みたいもん)
Adobeさんによるブロガー向けCreative Cloud講座:インデザインによるKDPとデジタルパブリッシング

●コグレさん(ネタフル)
Adobe「InDesign」は本だけじゃない、アプリも作れる!「EF LENS HANDBOOK」もそうだった!!

●のまさん(のまのしわざ)
Adobeさんによるブロガー向けCreative Cloud講座に参加してきました


続きを読む "InDesignについて深く知るためにAdobeさんに行って参りました"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

Macのフォルダをタブ化できる「XtraFinder」が便利

スクリーンショット 2013-04-03 10.30.23


MacのFinderのフォルダってなんか使いづらくて、もうちょっといいファイルマネージャーみたいなのないかなーと思ってたんですけど、なかなかいいのが見つからないんです。

理想的には1画面でいろいろ作業ができるほうが楽なんですけど、標準ではいくつもフォルダ開いてってなっちゃうんですよね。

で、いろいろ探してて見つけたのが「XtraFinder」というアプリ。これをインストールすると、Macのフォルダが標準でタブフォルダになるんです。

続きを読む "Macのフォルダをタブ化できる「XtraFinder」が便利"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

Mac用テープ起こしソフト「Interview」。これはいいのでは

スクリーンショット 2013-03-07 11.19.02


以前、こちらの記事で、Macな人にオススメのテープ起こしソフトを紹介しましたが、ちょっと動作が重いかなと感じていました。

そうしたら、なんと新しいテープ起こしソフトが登場していました。その名も「Interview」です。いやー、名前からしてまさにテープ起こししそう。

続きを読む "Mac用テープ起こしソフト「Interview」。これはいいのでは"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

MacBook Pro Retinaのここが熱い

Untitled
iPhone 5


MacBook Pro Retina。普段使っている分には快適。トラックパッド周りとか熱くなるかなーと思っていたんですが、そんなこともなく、快適です。

しかし、ふと、キーボードとディスプレイのヒンジ部分あたりを触ってみたら熱い! 結構熱い。底面も、ディスプレイと本体のヒンジ部分が熱い。ここが熱持つようですね。

持つときは、トラックパッド側を持つようにしたほうがよさそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

MacBook Pro RetinaでSafariがカクカクする場合に試しておきたいこと

スクリーンショット 2012-10-10 13.38.23


MacBook Pro Retina。快適です。最近は1920×1200の解像度をデフォルトにしています。広いって素敵。

ただ、その解像度で使っていると、Safariでスクロールをする際にややもたつく感じがするんです。まあ、標準の解像度じゃないからしょうがないかとも思っていたんですが、なんか解決策があるかもと思って探してみたら、スクロールの速度を上げればいいというのを見つけまして。

システム環境設定の「アクセシビリティ」→「マウスとトラックパッド」を開き「トラックパッドオプション」をタップ。そして表示される画面で、「スクロールの速さ」のスライダを最高速に設定。これで、Safariのスクロールが若干スムーズになります。

1440×900か2880×1800で使えば一番パフォーマンス的にいいと思うんですが、前者は狭すぎ、後者は広すぎ……。

人生、うまくいかないもんですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

Retinaを買ったら入れておきたい解像度変更アプリ「Display Mode - Resolution Menu」

スクリーンショット 2012-10-08 22.10.03


Retinaをいじっているのが楽しくて(正確には美しい画面表示を見るために写真表示したりSafariでネットサーフィンしたり)、一日があっという間です。

Retinaを使っていく上でちょっと悩んでいることがありまして。標準で使う解像度をどうするかということなんです。テキストや画面表示がもっとも美しいのはやはり1440×900なんです。

でも、作業領域を確保するとしたら、やはりそこは広く使いたい。Mac OSの標準設定では、1920×1200までいけます。結論としては、普段は1440×900で、Webブラウザを2つ起動して作業をするような場合(主にギズモードの原稿を書く場合)は、1920×1200にしようと思っています。

ただ、切り替えるのが面倒くさい。そこで探してきたのが「Display Mode - Resolution Menu」というアプリです。このアプリはメニューバーから簡単に解像度を変更できるツール。これでいつでも解像度を切り替えて作業ができます。

加えて、標準設定ではできない2880×1800にも対応。この解像度にすると画面がすごい広くなりますが、文字小さいし、ボタン類小さいしでなかなか使うのたいへんだと思います……。

まあ、このアプリで、気軽に解像度が変えられるようになったので、心置きなくRetinaを使っていくことができます。


Display Mode - Resolution Menu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

MacBook Pro Retina購入

DSC_2943
D700
AF-S_NIKKOR_24-120mm_f/4G_ED_VR


え〜、先日勢い余ってMacBook Pro Retinaを購入してしまいました。
絶対ひらくPCバッグのせいだ……!!

MacBook Air 13インチの新しいのと迷ってたんですが、どうせならいってしまえと。何かが俺の心にささやいたんですよ。なもんで購入。

第一印象は、意外とでかい(笑)。重さは2kgちょっとで、ボディが薄いので許容範囲内なんですけど、閉じた状態で机の上に置いて、ふと見ると大きいなと思います。

あと、キーボードがよい。iMacで使っている純正のBluetoothキーボード(テンキーなし)がどうも合わなくて、なんならMacBook Airのほうがいいんじゃないかと思ってたんですが、Retinaのほうが断然いいですね。上品。キーのグラつきもあまり感じられませんし、パチパチっていうなんか安い感じの音もしません。おそらくボディ剛性がいいからかなーと思っています。

Retinaの画面はきれい! 標準解像度で使っていると、文字が美しすぎてうっとりします。でも、標準解像度は1440×900。これだとちょっと物足りない。ほんとは常時1920×1200で使いたいのですが、どうしようかなと迷っています。今は仕事するときは1920×1200、だらだらネットサーフィンとかしているときは1440×900で使っています。

一応母艦としてiMacがあるんですが、作業はほとんどRetinaで行うことでしょう。速いし。問題は、iMacにぶら下がっている外付けHDDのデータとかどうするかなーと。具体的には過去の仕事のデータと、写真ファイル。Retinaで写真管理したいんですけど、容量が大きすぎて外付けHDD運用必須なもんで。RetinaはモバイルPCとしても使うので、あんまり外付けHDDとか使いたくないんですよね。

TimeMachineも、わざわざ外付けHDDつなげてやらないとならないし。このへんをどうしようかと思っています。

まー、ひらくPCバッグとRetinaというアイテムを手に入れた僕は、しばらくはウキウキ気分で仕事しますよ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

Macなライター・編集者にオススメのテープ起こしに最適なソフト「ExpressScribe」(追記あり)

スクリーンショット 2012-04-16 13.07.29


メインマシンをMacに変えてから1年以上経過しました。Windowsの画面が必要なときと、Windowsでしか動かないソフトを使いたいとき以外は、ほとんどMacを使っています。

仕事をしているときに、不便だなーと思っていたのが、テープ起こし。Windows時代は「聞き返し」というソフトを愛用していたのですが、Macにはそれに相当するソフトが見つからず、テープ起こしのときはWindowsを使ったりしていました。

しかし! この前見つけたんですよ、Macで使えるテープ起こしソフト。それが「ExpressScribe」。音声再生にテキストエディタの機能がくっついた、いいソフトです。使いやすいですし、何より無料。

ホットキーのカスタマイズももちろんOKなので、使いやすいキーを再生や一時停止、巻き戻しに割り当てると断然使いやすくなります。

ライター、編集者の方、どうですか?


[追記 2013.3.7]
もっといいアプリ見つけました。こちらの記事からどうぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

Apple MagicMouse買いました

P4230602
E-3 ZD50_F2


かねてから、MacBook Airのトラックパッドを長時間使っていると、指先が痛くなったりしていたため、Bluetooth接続のマウスを併用しています。しかし、安い製品だったために、どうもしっくりこない。そこで、Appleの MagicMouseを購入しました。

いやぁ、これはなかなかいいですね。もともとマウスとかトラックボールとかキーボードとか、入力デバイス大好き人間なんですけど、MagicMouseはなんか次世代な雰囲気がします。


続きを読む "Apple MagicMouse買いました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

空きメモリをワンクリックで増やしてくれる「Libera Memory」

スクリーンショット(2011-03-26 9.26.23)

僕の使っているMacBook Air。13インチモデルですがメモリは2GBです。別にそれほど困ることはないんですが、たまに動作が遅くなります。

確認すると空きメモリが20MB以下なんてことも…。これでは心もとないので、メモリを開放してくれるツールはないものかと探していました。

それで見つけたが「Libera Memory」です。使い方は簡単。起動して「Release」をクリックするだけ。これで空きメモリを増やすことができます。

まあ、状況によっては実行すると空きメモリが増えなかったり、なぜか減ったりすることもあるんですが…。気がついたときにやっておけば、ある程度はメモリに余裕ができます。

あまりメモリを積んでいないMacintoshにどうぞ。

ダウンロードはこちらでどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)