映画・テレビ

2013年11月 9日 (土)

「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」を見てきました

見る!


普段あまり映画など見に行かないのですが(映画全般興味がない)、これは行かねば、ということで「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」を見てきました。

BEATCHILDとは、1987年8月、熊本県の阿蘇にできたオープンエアのイベント会場「アスペクタ」のこけら落としとして開催されたオールナイトのロックフェスです。まだ当時は、ロックフェス的なものがあまりなく、かなりセンセーショナルでした。僕は高校生で、雑誌で読んでとても興奮した記憶があります。

僕、その頃はちょうどバンド始めたりとかしていて一番音楽に敏感な時期でした。BEATCHILDは、当時人気のアーティストが勢ぞろいしていました。THE BLUE HEARTS、RED WARRIORS、BOΦWY、THE STREET SLIDERS、尾崎豊、岡村靖幸、渡辺美里、白井貴子、ハウンドドッグ、佐野元春などなど。これだけのメンバーが一度に見られるのですから、そりゃすごいですよね。

このBEATCHILDは、伝説になっていました。なぜなら、天候が最悪。土砂降りの雨と風、そして雷。7万2000人が会場に集ったのですが、倒れた人は500人いたとか。まだ大規模なイベントがあまりなかったので、体制も万全ではなかったようです。

そのBEATCHILDが26年の時を経て映画化されたわけです。ただ、主催のマザーエンタープライズという会社所属のアーティストだけのライブを集めた番組がテレビでやっていて、それはビデオに録画してすごい見ました。THE HEART、RED WARRIORS、尾崎豊、ハウンドドッグあたりの映像は記憶にあります。

今回は、それ以外のアーティストの当時のライブが見られると、胸踊らせていきましたよ。ええ。

で、映画の感想です。ネタバレ含んでいますので、お気をつけて。

続きを読む "「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」を見てきました"

| | コメント (1) | トラックバック (0)