« Perfumeの新曲「Magic of Love」とワールドツアーのDVD、予約始まってまーす | トップページ | PENTAX Qの最新ファームウェアが公開されました »

2013年4月17日 (水)

iPhone 5のカメラは旅行にピッタリ #tottorip

Untitled


先日、鳥取ブロガーツアーに参加してまいりました。2泊3日で鳥取県内を回るという、非常に楽しいツアーでした。

ツアーの詳細は後日、ウレぴあ総研とこのブログでご紹介していきますので、今しばらくお待ちください。ツアー中の様子はコチラでご覧いただけます。

今回、ツアーに参加するにあたり、持っていくカメラをどうしようかすごい悩みました。ツアー日程に、日本一危険な国宝、三徳山三佛寺投入堂が含まれていて、こりゃなるべく装備を軽くして行かなければならないかと思っていたんです。D700なんて持ってってもしょうがないだろうと。

ということで、いろいろ悩んだ結果、D3100とPENTAX Qを持っていくことにしました。

で、ツアー中に気がついたこと。「iPhone 5最強」です。

画質の面、レンズ交換ができる点でいえば、D3100がとりあえず安心です。標準ズームと望遠ズームを持って行きました。が、結果として2日目の途中から出番なし。撮影旅行でない限り、あまり望遠ズームは使いませんね。標準ズームで十分でした。

PENTAX Qは標準ズームをつけて持って行きました。基本的には今回のメインカメラという位置づけで使っていました。

ただ、最終的にはiPhone 5で一番撮影しました。理由は以下のとおり。

理由1:画質的に不満がない。オートホワイトバランスがよく、抜けている
理由2:撮ったらすぐにTwitterやInstagramにアップできる
理由3:写真に撮影地情報を付加できる
理由4:たいていポケットに入っているのでいつでも撮影ができる
理由5:普通のカメラに比べて存在感がないので気楽に撮影できる
理由6:左手でもシャッターが切れる
理由7:動画撮影もすぐにできる

こんなところでしょうか。今回のツアーでは、とにかく参加した人たちがTwitterやFacebook、Google+などでつぶやきまくっていました。そういうとき、いつでもインターネットに接続できるiPhoneは素晴らしいですね。

あと、ほかのブロガーさんを見てて気づいたのですが、左手でシャッターを切ることができるのはかなり有利ですね。なぜなら、食事などを紹介する際に、右手で箸を持って食事を持ち上げているときに、左手でシャッターが切れるからです。とても臨場感のあふれる写真が撮れます。これはコグレさんのエントリーに詳しいのでどうぞ。

iPhone 5の弱点としては、ズームがない、バッテリーの持ちが悪いなどがありますが、正直ズームはそれほど使わなくても不便ではありません。そんなもんだと思っていれば、まったく気になりません。電池に関しては、ヘビーなiPhoneユーザーはたいてい外付けバッテリーを持っているので、写真撮りまくってネット接続しまくっても、1日くらいなら十分持ちます。

一番大きいのは画質ですかね。必要十分です。ブログにアップするくらいならば、なんの不満もありません。むしろ良すぎるくらいです。

iPhoneのカメラは、iPhone 4Sくらいから劇的に画質がよくなった印象があります。高感度にも強く、暗いところも結構撮れます。

デジカメももちろん使いますけど、旅行の記録写真だったら、iPhoneは最強なんじゃないでしょうか。このツアーで、しみじみ思いました。


|

« Perfumeの新曲「Magic of Love」とワールドツアーのDVD、予約始まってまーす | トップページ | PENTAX Qの最新ファームウェアが公開されました »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1471612/51270880

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 5のカメラは旅行にピッタリ #tottorip:

« Perfumeの新曲「Magic of Love」とワールドツアーのDVD、予約始まってまーす | トップページ | PENTAX Qの最新ファームウェアが公開されました »