« 新しいヘッドホン買った | トップページ | 灼熱地獄 »

2012年2月10日 (金)

CP+に行ってきた、そしてSIGMA SD1Merrill

DSC_1625
D700
Ai_AF_Zoom-Nikkor_24-85mm_f/2.8-4D_IF

昨日、GIZMODOの仕事でCP+に行ってきました。記事はこちらから読めますよ。

今回の僕的目玉は、なんといってもSIGMA。そうSD1Merrillですね。

昨年、SD1が登場したとき、70万円という想像以上のお値段にかなりがっくりきたんですけど、SD1Merrillは、SD1とまったく一緒なのに20万円台というもの。製造過程を見直し、ここまで価格を下げることができたんだそうです。

何がすごいって、SD1ユーザーへの配慮ですね。こちらからプレスリリースを読むことができます。

一部引用してみます。

一方で、すでに現行のSIGMA SD1をお買い上げいただいたお客さまには、大きな期待と決断をもってお求めくださったカメラとまったく同じ仕様の製品が、1年後に大幅な価格改訂のもとで発売されることについて、いかなる理由があろうともご納得いただけるものではないという点についても、重々承知しております。

何よりも、万難排してSIGMA SD1をお買い上げくださったお客さまは、とりわけ当社にとって特別な存在であると認識してまいりました。ですから、そうしたお客さまにわずかでもご不快やご懸念を抱かせる事態を招いたとすれば、それは、当社にとってまさに痛恨の極みであるといえます。

この間、当社としてお客さまへのこうした気持ちをどう表せばよいか、よく検討してまいりました。現在、現行のSIGMA SD1をお買い上げいただいたお客さまには、40万円相当の当社製品と交換できるサポートプログラムを検討しております。当該プログラムはSIGMA SD1 Merrill発売後から2012年度末までご利用いただけ、当社の現行製品ならびに、今後発売される新製品のいずれにも利用可能とする予定でおります。詳細につきましては追ってご案内させていただきます。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。


いや、もうなんというか、SIGMAのユーザーに対する姿勢がものすごくて感動しました。
正直、SD1ユーザーがどれだけいるのかわかりませんが、40万円分のポイント還元をしたら、かなり痛い出費になるのは目に見えています。それでも、SD1ユーザーを大事にする姿勢は、頭が下がります。

今、カメラメーカーでこれだけユーザーを大事にしているところはあるでしょうか。ほとんど変わらないスペックで毎年新製品を出しているだけ。技術的なブレイクスルーもなく、ただ新しい型番の製品を出しているだけのような気がします。

ユーザーへの配慮も基本的にはなく、「新しいの買ってください」という姿勢。

でも、SIGMAは違います。Foveonという唯一無二の撮像素子を武器に、画質を追求しています。コンデジのDPシリーズもそうですが、SD1だって、他のメーカーのカメラに比べると、決して使いやすいとはいえません。

それでも熱狂的なファンが付いているのは、画質へのこだわりがあるから。その1点に尽きると思います。

SD1Merrill、今春発売のようですが、これは絶対買わなければと思っています。もちろんDP1Merrill、DP2Merrillも気になるんですけど、交換レンズ群も含め、SD1Merrillの世界を体験してみたいと思います。


|

« 新しいヘッドホン買った | トップページ | 灼熱地獄 »

仕事」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1471612/44060542

この記事へのトラックバック一覧です: CP+に行ってきた、そしてSIGMA SD1Merrill:

« 新しいヘッドホン買った | トップページ | 灼熱地獄 »