« Twitterの名言集 | トップページ | 11月29日(日)のつぶやき »

2009年11月29日 (日)

E-1高感度撮影ノイズレステスト

昨日のエントリー「E-1で高感度ノイズを低減する方法(要Adobe Camera RAW)」のテストを簡単にやってみました。


まずはE-1でISO3200・露出補正なしで撮影したRAW画像をOLYMPUS STUDIO 2でストレート現像した画像です。


ISO3200normal


かなりノイズが目立ちます。
次はE-1・Iso3200・Raw+Jpeg・露出+2で撮影したJpeg画像です。


ISO3200+2JPEG


適正露出から+2なので画面全体がかなり明るいですね。
それで、同時撮影したRAW画像をOLYMPUS STUDIO 2で露出を-2補正して現像しました。


ISO3200-2raw


ノイズに関してはかなり減ってますが、やや露出が暗い上に、色が抜けてないというか。-1.5くらいの補正が適当かも。この辺はケースバイケースかもしれません。
最後に、Adobe Photoshop Elements 5で同じRAWファイルを開いたままの状態で現像したJPEGファイルです。


ISO3200+2rawACR


何のパラメータも変更してませんが、一番結果がいいですね。ノイズもISO3200にしては少なく好印象です。

原理は、ネガで撮影する場合、露出オーバー目のネガをマイナス補正して紙焼きしたほうが、露出アンダーのネガをプラス補正して紙焼きしたものよりもきれいという原理と似てるんでしょうね。それにしてもAdobe Camera Rawのこの自然っぷりはすごい。

ISO3200に増感することでシャッタースピードがかせげますが、露出を+2にすることで、ISO800相当のシャッタースピードにしかなりません。そのため、ISO800で十分なシャッタースピードで撮影できるシチュエーションでないと、この技はあまり意味がない感じです。

でもまあ、覚えておけば使えるシーンが出てくることでしょう。E-1ユーザーの方は、どこかにメモしておきましょうね。




[実践マスター] Photoshop Elements 5/6対応
小泉 茜
ソーテック社

このアイテムの詳細を見る

|

« Twitterの名言集 | トップページ | 11月29日(日)のつぶやき »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1471612/38879906

この記事へのトラックバック一覧です: E-1高感度撮影ノイズレステスト:

« Twitterの名言集 | トップページ | 11月29日(日)のつぶやき »