« 捨てないで | トップページ | 疲労困憊 »

2009年4月27日 (月)

毒舌の定義

PICT0012
AGFA_sensor_505-x


えっと、北野誠が芸能界から消えた、みたいな話がありました。
俺、毒舌は好きなんですけど、ただの陰口や悪口は嫌いなんですよ。
俺も毒舌なんですけど、一応自分でルール作ってるんですよね。

その1 本当のことしか言わない
その2 つっこまれる要素を残しておく

この2点です。
その1は、どんなに辛辣なことを言っても正論であれば、みんな納得してくれるだろうという感じです。ギャグっぽく毒を吐くときも、基本的には本音しか言いません。
その2は、毒舌をギャグにするために、ある程度冗談の要素を残しておくというか。すげえきついことを言っても、誰かが「でもそこは違うだろ」とか、つっこみやすいようにあえてぼやかしたりとか、わかりやすいウソを混ぜておくとか。

この2点に気をつけると、ある程度毒舌で本音を言っても、割と大丈夫な気がします。

でも、一番必要なのは「毒を吐いても許してもらえるキャラ作り」だと思うんですよね。地位じゃなくてキャラ作り。
最近の芸人でいえば、有吉みたいな。あのキャラはおいしいですね。



オレは絶対性格悪くない!
有吉弘行
太田出版

このアイテムの詳細を見る

|

« 捨てないで | トップページ | 疲労困憊 »

よもやま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1471612/38879834

この記事へのトラックバック一覧です: 毒舌の定義:

« 捨てないで | トップページ | 疲労困憊 »