« ジャスタウェイ | トップページ | OLYMPUS Studio 2 »

2008年10月24日 (金)

E-3初仕事

本日、E-3で仕事の撮影をしました。
インタビューカットの撮影です。

AF早いし、液晶も見やすいし、割と撮影フィーリングはよかったです。
一番よかったのは、ファインダーが見やすかったこと。
昔EOS 1Dを使っていた頃と同じ感動がありました。
その後しばらくは小さいファインダーだったからなぁ。

なんかE-520のファインダーがしょぼくていやになってきたわ(笑)。

で帰ってきて写真チェック。

レンズは12-60mmと40-150mm。

気付いたこと。残念ながら写真は見せられません。勝つまでは(謎)。

1 シェーディングが結構すごい
背景が白い壁で人物撮影。モノブロック2灯+傘バンという状況。
画像の四隅が暗く落ち込んでますね。特に12-60mmの60mm側。絞りは4.5〜5.6の間。F8くらいまで絞らなくちゃだめかな。
これからはシェーディング補正ONで(仕事のときは。普段はオフでもいいや。俺、それほど気にしないし)。

2 現像ソフトが遅い・使いづらい
以前にも書いたけど、現像ソフトのOLYMPUS Master 2が遅い。そして、使いづらい。今回RAWだけで撮影したんだけど、レベル補正やトーンカーブは使えないし、プレビュー遅いし、ファイルブラウザは使いづらいし。
EOSに付属のDigital Photo Professionalはすごいね。
乗り換えに際して、この点がすごい気になってて。DPP一度使っちゃうと、ほかのソフト使えないんだよなぁ。
なんかサードパーティの現像ソフト探すかね。
高速でいい色が出て、ファイルのチェック・選別がしやすいソフトないですかね。

ということで、仕事で撮影する際には、シェーディング補正ONで。
あと、RAWでも露出には厳しく! 後補正ゼロを目指せ!

|

« ジャスタウェイ | トップページ | OLYMPUS Studio 2 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1471612/38879776

この記事へのトラックバック一覧です: E-3初仕事:

« ジャスタウェイ | トップページ | OLYMPUS Studio 2 »