« 広末涼子の | トップページ | ライブだよ!! »

2006年11月23日 (木)

灰谷健次郎

児童文学作家の灰谷健次郎氏が亡くなったそうです。
僕は、高校・大学とこの人の作品にはまり、大学の卒論も「灰谷健次郎考察」というタイトルで書きました。
非常に暖かく人間(特に子供)を描く、児童文学作家のなかでも特別な存在だと思います。

一番好きなのが「私の出会った子どもたち」という作品です。
小説ではなく、灰谷氏が小学校教諭をしていた頃のエピソードなどをまとめたものですが、これがおもしろくて何度読んだことか。

今は全然読まない(というか小説全般読まない)のですが、やはり僕にとって特別な人であったなと思います。
「兎の眼」、「太陽の子」なんて、今読んでもおそらく泣けるでしょう。わかっちゃいるけど(何回読んだかわからないくらい読んでるから)、やっぱり毎回考えさせられます。

なんか最近は、ほんと小説を読まなくなったのですが(意識的に)、久しぶりに読もうかな。
なんせ灰谷健次郎の本は、うちに山ほどあるもんで……(笑)。

吉村昭も死んじゃったし(いつの話だ)、僕が昔むさぼるように読んでた作家さんがどんどんいなくなっちゃうなぁ。

|

« 広末涼子の | トップページ | ライブだよ!! »

よもやま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1471612/38879536

この記事へのトラックバック一覧です: 灰谷健次郎:

« 広末涼子の | トップページ | ライブだよ!! »