« 久しぶりに | トップページ | 瀕死の金魚が…… »

2006年8月17日 (木)

α100を使ってみる

某雑誌でデジタル一眼レフカメラの特集をやるため、
ソニーのα100とペンタックスのK100Dを借りています。
出かけるときに持ち歩いて撮影していますが、こんないい機種が10万円前後(ペンタックスにいたっては5万円台!!)で買えちゃうっていうのが、なんかすごい。

どちらも手ぶれ補正を内蔵しており、ソニーの方はCCDに付くゴミを除去する機能もある。
肝心の絵のほうはというと、
α100はなんかちょっとざらっとした絵で、普段使っているEOS 30DとかKiss DNに比べると
ややあらっぽいんだけど、なんかそれが逆にいい感じなんですね。
ただ、ISO800くらいになると、かなり厳しい絵になります(俺的感じだけど)。
ISO400ならまあまあ。ISO100なら文句なしのいい絵です。

α100はもう返却しなくちゃならないのですが、
K100Dはもうちょっと借りられるので使い込んでみます。

α100で撮影。デジタルっぽくなくて立体感がある。やはりミノルタ譲りの絵って感じ。

|

« 久しぶりに | トップページ | 瀕死の金魚が…… »

よもやま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1471612/38879512

この記事へのトラックバック一覧です: α100を使ってみる:

« 久しぶりに | トップページ | 瀕死の金魚が…… »